前へ
次へ

郵便局で切手買取はできない不便さ

不要になった切手というのはどうしてもできてしまいます。必要だと考えて購入をしたのに、実際には不要になってしまった、ということもあります。それが500円の切手であった場合、一般的な封書を出す時にはもったいなくて使うことができない、ということになってしまいます。購入しすぎたので、払い戻しをしてもらいたい、ということになった時、郵便局で対応をしてもらいたいと考える人は多いでしょう。実際に持ち込んだ経験がある人もいるかもしれません。しかし郵便局では切手買取を行っていません。ハガキの書き損じの場合には手数料を支払うことによって他のものに交換をしてもらうことはできますが、切手単独の場合には対応をすることができません。これはとても不便なことです。出来れば郵便局で対応をしてもらいたい、と考えている人は多いでしょう。不正の防止などのトラブル対策で買取を行うことができないということになっているようですが、不便さは解消されることはありません。

Page Top